FC2ブログ

平木啓子の奮戦記

大会の様子やイベント事など、平木啓子とパラグライダーにまつわるお話を更新予定!

遠征フライト2019 in マケドニア 4日目

4日目は強風予報。朝に前線が通過して雨を降らせた後、晴れ間が広がって飛べそうな呼べなさそうな雰囲気。大分悩みましたが、3日間いいフライトができていますので、強風に怯えながらチョコッと飛ぶのはやめて全日観光の日に切り換えました。
20190709-1.png
まずは滞在している町、クルシェボの高台にあるモニュメントへ。

20190709-2.png 20190709-3.png
何の建物なのかしら?と不思議だったんですが、管理されている方に丁寧に説明して頂けました。マケドニアが近隣の強国に支配されながら遂に勝ち取った独立を記念するモニュメントだそうです。この町クルシエボは、10日間だけでしたが最初にマケドニアとして独立した地なのでここに建てられたんだそうです。マケドニア愛たっぷりのお方でした。

20190709-4.png 20190709-5.png
続いて世界遺産の町、オフリドに来ました。こちらはセントソフィア教会。近々ピアノコンサートが開かれるそうで、その練習中。古い教会の石造りの壁に響き渡る生演奏を聴けちゃいました。素晴らしかった!

20190709-6.png 20190709-7.png
その後は湖沿いに敷かれた木道を歩いて断崖に建つカネオ教会へ。お名前にあやかってお金がたまりますように・・・とお祈りしてきました。

20190709-8.png
客引きのおじさんの営業にのって帰りはボートタクシーにのってセンターへ戻りました。少しだけオフリド湖の遊覧を楽しみました。

20190709-9.png
夕食は帰り道の途中の町、ビトラのワイナリーで。ワインも食事もとーっても美味しゅうございましたぁ。運転手さん・ガイドさん、長い1日のおつきあいありがとうございました。

遠征フライト2019 in マケドニア 3日目

今日は北西風、段々強くなる予報。どのエリアで飛ぶか悩ましいところです。昨日のエリアはフィンランドチームが向かったそうですが、大分サイドの風が入っているとの事。スイスチームは第三のエリアに向かったそうですが、そこは150mくらい(距離にして)の登りがあるとの事で二の足を踏んでいました。ここの西向きテイクオフの問題点は谷底ランディング。取りあえずランディングを見学してから決めようという事で、見学に行きました。

20190708-1.png 20190708-2.png
最初見たランデイングは草ぼうぼう、そして傾斜してます。道までは草むらをかき分け、川渡りありの大冒険!って感じで、ここはないなーと思っていましたが、少し離れたところにかなり広いまともなランデイングがあり、これならいいかーってことで今日は昨日避けた西テイクオフから飛ぶ事にしました。それに条件は昨日に比べて格段にいいので、谷底ランディングに降りる確率も低そうです。

20190708-3.png
条件は、、、今回の中で一番かも。出てすぐに皆さんサーマルヒットで誰も谷底に吸い込まれる事無く広いフラットランド方面に渡っていきました。本日の雲底は2600m。昨日の飛行場ランディングまでは13キロくらいなんですが、みんなでそこに降ろそうということになって、フラットランドプチクロカンを楽しみましたぁ!

20190708-4.png
こちらは昨日飛んだ山。この山まで遊びにいって飛行場まで戻ってきてランディングと広範囲を飛んだ方もいらっしゃいました。

20190708-5.png
こちらはテイクオフの山。この面の裏側から飛び出して、山を超えてフラットに渡ってきたのでした。マケドニアやばいです、めちゃ楽しいです!

遠征フライト2019 in マケドニア 2日目

2日目は西風。昨日飛んだテイクオフの反対側のテイクオフに上がりました。
20190707-1.png
テイクオフは広くてそんなに悪くないんですが、ランディングが・・・谷底の狭ーい場所しかありません。通常はトップアウトして、昨日飛んだフラット方面にえいって山超えして遊ぶらしいのですが、この日は上がりがイマイチで飛び出していったグライダーの何機かは谷底に吸い込まれていくし、上空は動けないし混んでるし、風は強くなる予報ですし、つーことでここで飛ぶのは止めました。

20190707-2.png
マケドニアンパイロットからの情報で、40分のドライブで広いランディングのあるテイクオフがあるとのことで、こちらに移動してきました。2021年にマケドニアでアキュラシーの世界選手権が行われるそうですが、そのときにこの場所を使う予定だそうです。でも今はあまり使ってないみたいで、草がかなり伸びてました。

20190707-3.png 20190707-4.png 20190707-5.png
風はやや強めでしたが、サーマルバンバンのいいコンディション!移動してきて良かったです!テイクオフは岩山の上にあって見た目こわいんですが、フラットにサーマルたくさんあるのでフラットで遊べていーい感じです。この日は2800mまで上がってプチクロカンも楽しみました。

20190707-6.png 20190707-7.png 20190707-8.png
アチコチにぶどう畑があるので、これはもしや!と思っていましたが、ワイン、安くてめちゃ美味しいです!そしてお野菜もとーっても美味しい。定番のショプスカサラダはもちろん美味しいんですが、他のものも新鮮でうまし!大量に日本食を持ってきたんですが、持って帰るようかもしれません。

遠征フライト2019 in マケドニア

20190706-1.png
2019年ヨーロッパの遠征フライトはマケドニアです。総勢13名のお客さまが参加してくれました。成田でトルコ航空のスポーツ用品特別チャージ問題でスッタモンだしましたが、無事マケドニアの首都スコピエに到着しました。

20190706-2.png
宿泊する町クルシェボは、スコピエから2時間半ほどです。途中でお昼ご飯を食べたり、ホテルにチェックインしたりして、テイクオフに上がったのは5時頃。でもまだまだいい風が吹いていました。初日からバッチリ飛べそうです!

20190706-3.png
日が長ーいヨーロッパ。影もながーいです。

20190706-4.png 20190706-5.png
初日なのでとりあえずぶっ飛びでいいから飛ぼう的な感じで飛んだのですが、遅くなるに連れて段々よくなっちゃったりして、穏やかに2000m以上まで上がり、長い人は1時間以上のロングフライトをされていました。フラットランド、いいですねぇ。

20190706-6.png
ランディングも広大でプレッシャーなし!と思いましたが、羊の側に降りたら、羊飼いの番犬に威嚇されました。すみません。。。

20190706-7.png
夜はクルシェボのレストランでカンパーイ。マケドニア料理を堪能しました!

世界選手権の準備ーランチ編

毎日ジトジト雨が降っています。今年の梅雨は、例年より雨の日が多いです。
で、今日は予約もなかったのでお休みを頂いて遠征準備をさせて頂きました!
これからの予定は、
7月5日〜15日 スカイ朝霧遠征フライト(マケドニア)
7月27日〜8月4日 セルビア選手権(セルビア)
8月5日〜8月19日 世界選手権(マケドニア)
です。遠征フライト後、ずっとヨーロッパ滞在して転戦するつもりだったのですが、諸般の事情で一旦帰国し、また出国し、セルビアで肩ならししてから世界選手権に臨もうという計画です。
さて世界選手権ですが、お昼ごはんにはやっぱり力のつくおにぎりを食べたいという事で、炊飯器持っていくのですが、マケドニアのお米はおにぎりには向いていない、、、との情報が入り、お米も持っていく事になりました。大人8人+おこちゃま2人の大所帯、戦いは12日間、この胃袋を満たすには、、、
20190701.png
ジャーン。15kg(5kg×3袋)のお米買いました!海苔は35枚入り6袋。その他梅干し、鮭瓶、ゆかり、ふりかけ、かつお節等等。炊きあがったご飯に振りかけを混ぜるためのボールまで買っちゃいました!さて、この大荷物をどうするのかと言いますと、スカイ朝霧遠征フライトにご参加のお客さまの中にスターアライアンスゴールドの方が複数いらっしゃいまして、余分に荷物を持っていけるのです。ありがたやありがたや。なので今回の遠征のときに一緒に持っていって、マケドニアでのガイドに世界選手権まで預かっていてもらうことにしたのでした。ふぅー、たーいへん。皆さまにお世話になります。毎日おにぎり食べてゴールするぞー!って世界戦に向けての気持ちが高まった1日なのでした。
<前のページ 次のページ>

プロフィール

平木啓子

Author:平木啓子
☆スカイ朝霧パラグライダー
 スクール インストラクター
☆パラグライダー選手として
 世界各地の大会で奮戦中
☆2009年、2013年 
 ワールドカップ
 女子世界チャンピオン
☆北海道出身
☆静岡県在住

最新トラックバック

フリーエリア

http://blog-imgs-64.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140915221815818.jpg

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Berghaus JAPAN

http://blog-imgs-43.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140928172152bfd.jpg