fc2ブログ

2021年ジャパンリーグ第2戦

先週末、新潟県で行われました「パラグライダー尾神カップ2021」に参加してまいりました!
今年の4月に茨城県で行われたジャパンリーグ第1戦以来の大会です。この間、コロナで次々と大会が中止、この大会自体延期に次ぐ延期で4回目にしてようやく開催にたどり着いたとのことでした。長いトンネルの先にようやく光が見え出したかな。世界的にもコロナはこのまま収束に向かって欲しいですね。

20211009.jpg
さてさて久しぶりの大会で参加選手は気合入りまくりだったかと思いますが、1日目の始まりは雨。がっくしです。その後、雨は上がって風向きもなんとかなるかもしれない・・・とのことで、しばしテイクオフで待ちましたが、後ろからの風がすごく強くなって、早めにキャンセルとなりました。何しようかぁ、なんて心配ご無用、久しぶりに会う人たちと長々と立ち話したのでした。

2日目。この日も風向きはイマイチな南予報。そして太平洋の北に位置する高気圧から吹き込む南風によるフェーンなのかめちゃ暑い。飛んでも上がる雰囲気は全くなかったけど34キロタスクが組まれ10時半にゲートが開けられたのでした。ポツリポツリとダミーや選手がでるも上昇する気配もなく降りてしまう状況、今日もダメか的なムードが漂い始めた12:30頃に出た選手がバカ上がり!風向きもメインテイクオフから出られる西になり、80名以上の選手が一気に殺気だったのでした!オスなヘスな?で次々とテイクオフ!しかしながらさっきのようなバカ上がりはもはやなく、よわーいサーマルにみんな集まって必死に回しまくるサバイバルゲームとなりました。
先に進むにつれて徐々に人数は減っていきましたが、なんとなくトップ的集団を形成してジリジリと駒を進め、遂に最後から二番目の難関ダム近くのターンポイントをとりに10名弱でアターック!集団で進めばなんとかリフトを見つけられることが多いのですが、ステイできるほどのリフトはなく、私より低い選手たちは次々と田んぼにランディング。もはやこれで終わりかと諦めかけた時にコツンコツンと神様の施しが・・・+1m上がるのに1周回さなくちゃいけないようなサーマルを丁寧に拾っていたら、遂にサーマルが立ち上がりはじメタのでした。キターーー!200mゲインするのに一体全体何周回したことか。大分時間はかかりましたが、貴重なその高度を使って最終パイロンクリア!あとはもう少し上げてゴールできる高度を獲得したいところでしたが、上がったり下がったりの繰り返し、、、このままジリ貧になって下がっちゃうよりはと、可能性にかけてファイナルグライドに突入しました。どうぞゴールまで届きますように・・・

20211010-1.jpg
結果、、、あと1.3キロのところで目の前に越えられそもない林が出現、無念の高度処理して手前の田んぼに降りました。うううーん残念です。でも回収車に乗って林の向こうに行ってみたら、林を越えた先は泥色の水面の田んぼが広がっており、道路を挟んでゴールがありました。その道路沿いには電線ビシーっ。うっかり林を超えられてギリ届きそうだったとしても、電線見つけてヒーってなってUターンし、ドロ田んぼにびちゃーっドロドロ〜ゴロンゴロン。。。ってパターンと思われます。林さんに感謝ですね。

20211010-2.jpg
最終パイロンを取ってゴール近くまで飛んだのは私だけだったようで、強者男子を抑えて嬉しい総合優勝です!ヤッタァ!!

20211010-3.jpg
女子でももちろん優勝です!2年くらい前、総合2位だったのに女子2位だったことがありました。それもここ尾神です。さらに何年か前は、優勝総サライしてテレビ3台持って帰った女子もいたはず。尾神は女子が優勝しやすいエリアのようですね!

20211010-4.jpg
しょぼいコンデションでの優勝ではありますが、メッチャ嬉しい総合優勝です!表彰台にはたまに載ってるけど、成立した大会での総合優勝は2008年の日本選手権以来です。今度はガンガンのアクセル踏み踏みレースでも優勝したいなー。益々がんばらなくちゃです!

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

平木啓子

☆フィールドプロ 
 アウトドア事業部 所属
☆パラグライダー選手として
 世界各地の大会で奮戦中
☆2009年、2013年 
 ワールドカップ
 女子世界チャンピオン
☆北海道出身
☆茨城県在住