FC2ブログ

平木啓子の奮戦記

大会の様子やイベント事など、平木啓子とパラグライダーにまつわるお話を更新予定!

ワールドカップ2019ーフランス 2日目

2日目もいいお天気。夕方になると天候が怪しくなるということで、48.5kmのショートタスクが組まれました。
この日もスタート前は雲との攻防、スタート前に雲に入らないよう、他機にぶつからないよう、いい位置からスタートできるようにと、神経をすり減らしましたが、レースが始まってからは更なる神経すり減りタイムが待っておりました。これぞフランス、って感じで岩盤沿いのアクセル踏み踏みレースとなったのでした。アップダウンのある中、歯を食いしばってフルアクセル、そこそこ集団には付いて行けておりました。そうして岩盤折り返し、トップ集団よりはやや遅れ気味でしたので、いいラインをなんて思いながら見ていたら、岩盤から少し離れたラインの上がりがものすごかったのでそちらにシフト、岩盤添いよりめちゃ高くなってヨッシャー!と思ったのもつかの間、前を行くグライダーがアコーディオンのような動きをしはじめ、ヤバいと思いましたが逃れる事ができず私のグライダーはタコのような動き・・・ヒー!テンションなくふにゃふにゃの後、大潰れクラバット、ヒャー!おっかなびっくりフルストールしてなんとか回復することができたのでした。はぅー助かりました。こんな目にあってようやく気づきました。この日は北風が強かったのですが、岩盤が北風をブロック(岩盤南面を飛んでいました)、少し離れたところはローター域で谷風とコンバージェンスになっててバカ上がりしたり、大荒れしたり。私はバカ上がり後大荒れにあたっちゃったのでした。回復後、大慌てで岩盤に戻ろうとするも向かい風で中々戻れない上に大シンク・・・頑張るべきか逃げるべきか、、、またまた歯を食いしばって頑張って岩盤に戻ってレースを続けられました。こわー。

20190527-2.png
大潰れ後は気弱になってしまい、アクセルがん踏みはできませんでしたがなんとか無事ゴール。写真の奥に見えてる山がガンガンレースの山でした。トップの選手は48.5kmを1時間でゴール。なんちゅう早さでしょう。

気弱アクセルの結果はこちらから!

20190527-3.png 20190527-4.png
夜は韓国人のアンちゃんと20歳の韓国の星・チギョンさんが、ご飯をごちそうしてくれました!韓国のキムチ、うまいです!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://asagirianiki.blog.fc2.com/tb.php/446-89fcd463

プロフィール

平木啓子

Author:平木啓子
☆スカイ朝霧パラグライダー
 スクールインストラクター
☆パラグライダー選手として
 世界各地の大会で奮戦中
☆2009年、2013年 
 ワールドカップ
 女子世界チャンピオン
☆北海道出身
☆静岡県在住

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR