平木啓子の奮戦記

大会の様子やイベント事など、平木啓子とパラグライダーにまつわるお話を更新予定!

スロベニア遠征フライト6日目

今日は2時から5時頃にコバラがいいだろうということで、朝ゆっくりスタートです。
20180619-1.png 20180619-2.png 20180619-3.png
まずは第一次世界大戦の戦没者を慰霊するために建てられた、ヨーロッパでは珍しい木造建築の教会を訪れました。この教会の成り立ちや第一次世界大戦におけるこの谷・岩壁の役割を説明して頂き、少しだけスロベニアの歴史を知る事ができました。

20180619-4.png 20180619-5.png
その後、近くにあるトーチカを見に来ました。中は真っ暗で迷路のようになっており、かなりゾワゾワしました。写真はヤバいものが写り込みそうなので1枚のみです。

20180619-6.png 20180619-7.png 20180619-8.png
さてさてフライトはというと今までの中では最高の上がり。テイクオフの風が安定しなくて出るのに難儀しましたが、出てしまえばサーマル天国です。2000mオーバーは当たり前、バリオなしでもコバラからコバリドまで楽々プチクロカンできました。そしてK名奥様は念願のストール山ゲット!すばらしいです!なんだかんだ毎日飛べています。そして明日明後日はスロベニアらしいコンディションになる予報、楽しみです!

スポンサーサイト

スロベニア遠征フライト5日目

20180618-1.png
イエルキンハラムはスロベニアを訪れるフライヤーに大人気で通しで取れず、今日からお宿はトルミンの街中のホテルに移動です。宿のオーナーのクラウディとお母さんとみんなでパチり。

20180618-2.png 20180618-3.png
今日のソチャバレー(我々が滞在している谷)は北風が強く飛べない予報でしたので、北に立ち並ぶ大岩壁の向こう側にあるエリア・ボーヒン湖に大移動です。列車用のトンネルはあるのですが、車で行くには1時間半かけて山越えをしなくてはなりません。
我らがガイドのプリプリちゃん(プリモシュ・スーシャ)は、今年5月にアウト&リターン300キロ超えのワールドレコードを出しました。その出発点&着陸点となった村、ソリカを通過。ここから150キロ飛んで戻って来たんだなぁと感動いたしました。

20180618-4.png
ボーヒン湖は有名なスキーリゾート。でも夏に訪れる観光客の方が多いんだとか。そんな湖の上で飛べるなんて贅沢ですね。

20180618-5.png 20180618-6.png 20180618-7.png 20180618-8.png
ゴンドラとリフトを乗り継いでテイクオフに到着!

20180618-9.png
広大な景色をバックにハイポーズ!

20180618-10.png 20180618-11.png 20180618-12.png
20180618-13.png 20180618-15.png 20180618-14.png 20180618-16.png
テイクオフは風が収束するような位置にあり、次々とってなわけには参りませんでしたが、順繰り順繰り全員無事飛立って、湖と岩壁の素晴らしい景色の中に吸い込まれて行きました。四方を高い山に囲まれていますので他所が飛べなくてもここだけは飛べるそうです。ただ上げすぎるとそのブロックを超えて来た風に打ち当たるらしく2000mを超えた方たちは10km/h以下の前進速度になってしまったとか・・・
20180618-17.png 20180618-18.png
湖わきのきれいなランディングにハッピーランディング。

20180618-20.png 20180618-21.png 20180618-22.png 20180618-23.png 20180618-24.png
帰りはカートレインに車を載せて岩盤をくりぬいたトンネルを通ってショートカット!半分の時間で帰りました。あれやこれや初体験の楽しい1日となりました!

スロベニア遠征フライト4日目

今日は北風が強めとのことで、初日に訪れたリヤックにやってまいりました。

20180617-1.png
ソアリングコンディションになるのをテイクオフで待っていましたら、バリッジブラザーズのアリジャスさんがNEWグライダーのテストにやってまいりました。この方、10年くらい前はワールドカップでブイブイ言わせていたスロベニアの超有名人です。

20180617-2.png 20180617-3.png
トリプルセブンのキング2。試験用のタグがいっぱい付いていました。

20180617-4.png
彼が出た後、風が後ろ向きになってしまい暫し待ちましたが、なんだかイマイチな雰囲気でしたので、北向きのエリアに移動、でもこの北向きエリアはランディングは見えないし走った先に柵があったりなんかしてイマイチでしたので、やっぱりコバラに行く事にしました。

20180617-5.png 20180617-6.png
コバラはいい風、夕方になってようやくフライトできましたぁ。やがて雨が迫って来たので大慌てでランディングです。

20180617-7.png 20180617-8.png
夕食はおしゃれなレストランで。スパークリングワイン、赤ワイン、白ワイン。スロベニアワインを堪能しました。

20180617-10.png 20180617-11.png 20180617-12.png 20180617-13.png
スズキのカルパッチョ、フィレ、手長海老。高級食材をがっつり頂きました!

スロベニア遠征フライト3日目

今日はやや風が強い予報ということで、のんびりランディング巡りから始まりました。

20180616-1.png
コバラTOからストールTOまでの間の公式ランディング4カ所をチェック!

20180616-2.png 20180616-3.png 20180616-5.png 20180616-4.png
途中、トルミンの町を通ったときに街中でアイスを食べている人を発見。急にみんなでアイス気分が盛り上がってしまい15人でジェラート屋さん襲撃です。15人分のアイスの盛りつけご苦労様でしたぁ。

20180616-6.png 20180616-66.png
今日はいよいよコバラからフライト!

20180616-7.png 20180616-8.png 20180616-9.png
テイクオフの風が弱くて少し難儀しましたが、全員無事フライト!

20180616-10.png
後半スタート組はオーバーキャストになって大分苦労したようですが、半分以上の方がコバラからコバリドへのプチクロカンを楽しみました。

20180616-11.png 20180616-12.png
ランディング後は恒例のカンパーイ!ドライバーのマティアスさんはビール運びまでしてくれてます。

20180616-13.png 20180616-14.png 20180616-15.png
夕食まで少し時間があったので滝見学に行きました。ワイルドな散策路を歩くこと20分、神秘的な滝を見る事ができました。

20180616-16.png 
ガイドのプリモシュはマス料理が大好きとのことなので、夕食は今日もマスが有名なレストランに行きました。

20180616-17.png 20180616-18.png 20180616-19.png 20180616-20.png 20180616-21.png
とは言ってもお肉もあればイカもあります。色んな料理を頼んで、日本人スタイルで分け分けして頂きました。スロベニア料理、とーっても美味しいです。味付けが日本人の好みにあってます。

20180616-22.png 20180616-23.png
ワイワイ大騒ぎしていたので大丈夫か心配だったのですが、受け入れて頂けたようで、デザートの後にハンドメイドの強ーいお酒をサービスしてくれました!なにかの根っこが入ったお酒、朝鮮人参みたいな見た目でした!

スロベニア遠征フライト2日目

20180615-1.png 20180615-2.png
今日は新たなメンバーがベネチアに到着するので、彼を迎えがてらイタリアのエリアに飛びに来ました。

20180615-3.png
メドゥーノというエリアです。後ろはドロミテ渓谷の岩壁が立ち並んでいるので北よりの風をブロック、前の広大なフラットからは優しい風が吹き込んで、とフライト確率抜群のエリアのようです。

20180615-4.png 20180615-5.png 20180615-6.png 20180615-7.png
20180615-8.png 20180615-9.png 20180615-10.png 20180615-11.png
テイクオフの風がやや強めでしたので少し難儀しましたが、素晴らしい景色といいコンディションで大満足のメドゥーノフライトとなりました!フラットはあちこちにサーマルがあって、降りようと思ってからも中々降りられませんでした。
ランディングで本日の祝杯を上げていましたら、何でもここメドゥーノを訪れた日本人グループは初めてとのことで、バーのマスターが記念写真を撮りにきてくれました。

20180615-12.png
夕食はドライバーのマティアスお勧めの、地元コバリドのキャンピングサイトのレストランで。マス料理が有名だそうですが、マス以外にもラム、ステーキ、スパゲッティ・・・なんでもとーっても美味しかったです!スロベニア料理、大満喫中です!!

スロベニア遠征フライト1日目

20180614-1.png 20180614-2.png
2018年夏のヨーロッパフライト遠征は、スロベニアです。成田からローマを経由してベネチアへ。そこでガイドさんに迎えに来てもらってコバリドに向かいました。

20180614-3.png
総勢14名の日本人グループ。お食事が心配なので日本食をあれこれ持ち込みましたのでまたしても大荷物です。

20180614-4.png
ベネチアで無事ガイドのプリモシュと合流。

20180614-5.png
宿からの景色はこーんな感じ。とっても素敵です。

20180614-6.png 20180614-7.png 20180614-8.png 20180614-9.png
絶望的な予報でしたが、リヤックというエリアで全員飛ぶことができました!ソアリングできたりもしましたが怪しげな雰囲気になってきたので大人なみなさんは早めにランディングしました。

20180614-10.png 20180614-11.png
近くのレストランでスロベニア初フライトの祝杯を上げました。このレストラン、スロベニアの食のイメージを一新するおいしさ!イタリア料理みたい!と喜んでいましたら、これはスロベニアの料理、と怒られました。そのとおりです。

20180614-12.png 20180614-13.png
宿に帰ってからは、プロジェクターを使ってスロベニアのトップパイロットのプリモシュによるレクチャーを聞きました。この岩盤をどうやって飛ぶか・・・いい条件の日が来る事を多いに来たいです。

Jリーグ第4戦 2018鳴倉カップ

週末に新潟県魚沼市で行われましたJリーグ第4戦に参戦してまいりました。
土日とも雨予報、自主キャンセルして来なかった選手が多数おりました。

20180609-1.png
土曜日は朝テイクオフに上がる時に土砂降りの雨。テイクオフにあがる途中で自主キャンセルした選手もおりました。朝10時の時点では八海山はずっぽり雲(雨?)の中。
ところがやがて雨があがり曇り空になると吸い上げ混じりのまさかのいい上昇がで始め、30キロちょっとのレースをすることになったのでした。

20180609-2.png
ところがところが、山では雲がグングン発達し、危険だということでタスクキャンセルとなりました。皆で安全にランデイングです。沖のフラットではコンデイションの急変は感じられなかったとのことで賛否両論のキャンセルで競技委員長の苦渋の決断でした。ご苦労様でした。

20180609-3.png
キャンセル後に少し落ち着いてきたように見えましたが、スタートの次のパイロン方向は真っ黒でした。

20180610-1.png 20180610-2.png 20180610-3.png
2日目日曜日は快晴!ではあったんですが、徐々に曇り始めいいタイミングで出られた選手たちが上位入賞となりました。自分にもチャンスは存分にあったのですが、あれやこれや色々ありまして全く不甲斐ないまま終わってしまいました。今回はフライト以外の反省点がテンコ盛り・・・猛反省いたします。。。
それにしても絶望的な天気予報の中2日間も飛べてしまう鳴蔵、すごいところです!
大会を運営してくださいましたスタッフの皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました!

プロフィール

平木啓子

Author:平木啓子
☆スカイ朝霧パラグライダー
 スクール インストラクター
☆パラグライダー選手として
 世界各地の大会で奮戦中
☆2009年、2013年 
 ワールドカップ
 女子世界チャンピオン
☆北海道出身
☆静岡県在住

最新トラックバック

フリーエリア

http://blog-imgs-64.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140915221815818.jpg

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Berghaus JAPAN

http://blog-imgs-43.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140928172152bfd.jpg