平木啓子の奮戦記

大会の様子やイベント事など、平木啓子とパラグライダーにまつわるお話を更新予定!

2016 ワールドカップスーパーファイナル in ブラジル 10日目

いよいよスーパーファイナル最終日!今日こそ良い飛びを!!と鼻息荒く臨みました。

20170128-1.png
まずは、オーダーカラーしたパラグライダー9機を受け取りました!翼の部分は折れ強度に強いので、ハーネスにぎゅうぎゅう詰めにして飛びました。

20170128-3.png 20170128-4.png
最終日はアゲンストにいったりフローで流したりの91キロタスク。風がいつもより強めなのでアゲンストレグは困難が予想されました。ところで今大会10日間の総タスク距離は939.5キロなんですって。この距離をすべてゴールしたのは、総合優勝したアーロン様ただ一人!この方、X-ALPSの常連で今年も挑戦するのでトレーニングのために毎日テイクオフに上がるバスを途中下車して走ってテイクオフまで上がって来ておりました。そして飛んだら毎日上位でゴール。そして総合優勝。ただ飛んでるだけで、時々変なところに降りて少し歩いてへとへとになっている我々とは人間の出来が違いすぎます。ほんとにスゴいです。

20170128-5.png
さてこの日の私の飛びはというと、、、またしてもだーめだーめでした。ほんとに情けないです。テイクオフで何回も失敗してしまってヘトヘトになり、遅くでたのでスタートに間に合わず、ただあせってしまって低いまま前を追っかけて突っ込んで終了です。降りた後、ダメすぎる自分にあきれてしまいました。がっくり。。。途中、一旦はこのままじゃダメだと思い、戻ってあげ直して雲底まで付けようとしたのですが、結局先に進んで行く集団を見てあげることに集中できず、中途半端に走り出してしまって果てたのでした。はぁぁーー(これは深いため息です) そして降りたところは牧場の真ん中で回収してもらえる道まで1時間以上あるいたのでした。。
今まで調子が悪いときでも何となく運に助けられて何とかなっていたのですが、今回は運にも見放されていまして、もうそうなったときの自分はメンタルが弱くてメタメタになるということに気付きました。その時の状況によってどうすることがベストなのか冷静に冷静に判断する!今後の命題です。。。

20170128-6.png
総合優勝はアーロン様(イタリア)、X-ALPSもこの勢いでいっちゃってください。2位はエイドリアン(スイス)若手台頭です。3位はシャル(フランス)。

20170128-7.png
女子は、最終日に聖子ちゃんがまくって優勝!さすがです。後半の追い上げはすごかった。2位はフェデレちゃん(イタリア)、3位はローリー(フランス)。ローリーは13位とか6位とか総合でも上位に絡む飛びをしていました。また4位と5位のペトラとクラウディアも途中男子を引っ張る飛びをしていたとか。今回、世界の女子のレベルがすごく高くなったと感じました。私も何か変えて行かないと世界について行けなくなると痛感しました。ううー頑張らなくちゃ!

最終結果はこちらから!

20170128-8.png
最終タスクを終えて、表彰式に出て、夜中の2時に空港行きのバスに乗りました。写真はビトリア空港からサンパウロ空港に飛び立つところです。今日もいいお天気です。
今は夜の9時サンパウロ空港です。まだまだ日本へはの帰路は四分の一も終えていません。早く日本に帰り着きたいでーす。
スポンサーサイト

2016 ワールドカップスーパーファイナル in ブラジル 9日目

今日も良いお天気!南東方向のシリンダーに入ったり出たりの94キロタスクが組まれました。

20170127-1.png
写真は、レユニオン島から参戦しているエマニュエル選手がフルート?(楽器の名前がわかりません)を奏でているところ。ブリーフィングまでの1時間半くらいずっと演奏してくれていてテイクオフはとってもいい雰囲気。お隣の女性は有名なDJさんでノリノリな感じの音楽を選曲してくれています。

20170127-2.png
こちらはスタート前の選手の集団移動写真。スタートシリンダーがすぐそばなので近場をあっちに行ったりこっちに行ったり集団で大移動していました。
さてスタート5分くらい前になって、急に上がりが悪くなり、上がりが良い場所を求めて選手が右往左往しはじめました。私は少しシリンダーから離れる方向で鳥が回してるのを発見しすぐさま移動、これが大当たりで10人くらいで一気に抜け出して雲底につけることができ、今大会一番というくらいいいスタートを切る事ができたのでした。今日は一発かましたるでーって気負っていたところにこのスタート、回りにはイケイケな感じの数機、これは行くしかないでしょ!って感じでガンガンぶっ飛ばしました。弱いサーマルには見向きもせずに前に前にどんどん進んで行きました。前に前に、前に前に前に、、進んでも進んでも何故かサーマルがありません。もしかしてヤバい?いつもはあるのになんでなんで??まっまさかまさか、、、となーんにもできないまま降りてしまったのでした。ガクゼン。。。スタートしてから一度もサーマルを拾えずぶっ飛びです。はぁぁぁぁぁぁ。こんなことって、、、やってしまいました。。。

20170127-3.png
ランデイングして畳んでいたら、鳥さんたちがやってきてクルクル。あと5分遅く到着すれば生き残れたかもぉ。無念です。後続の人たちは難なく雲底まで上げて去って行きました。回収車からは美味しそうな雲がいっぱい見えて、こんな日にぶっとぶなんて、、、自分にあきれてなーんにも言えません。

びりっけつの結果はこちらから。。。

ほんとにダメダメな大会です。でもこんな失敗もあんな失敗も教訓にして次回に生かせるようにしなくてはと思います。
あと1日、どーかいい飛びができますように。。。

2016 ワールドカップスーパーファイナル in ブラジル 8日目

今日も風向が北東ということで、南西方向にジグザグ進む104キロタスクです。毎日毎日、本当に良く飛べますねえ。

20170126-1.png
こちらはテイクオフにスタンばってるレスキューのお兄さんたち。テイクオフは途中まで坂なのですが、その先崖になっていて失敗するとかなり危険な状況に陥りるので、そんなとき助けに来てくれます。1日に一人くらいお世話になってる方がいるようです。お世話にはなりたくないですね。

20170126-2.png
今日はスタートはやや低めながらもみんなと同時に出ることができ、おおよそ集団で動く事ができました。ただ、やっぱり途中から遅れだし、でもそのおかげで良いライン取りができて少し巻返して終盤を迎え、、、

20170126-3.png
本日は無事ゴール!はー、良かった。成績は、またしても悪くもないけど良くもなく、というパッとしない感じ。
でも課題が見えました!サーマルの入り方とグライダーのトリミング、銀紙。日本に帰ったら、忘れないようにしなくてはです。

今日も今ひとつの結果はこちらから

あと2タスク、、、頑張りまーす!

2016 ワールドカップスーパーファイナル in ブラジル 7日目

本日は南にあるポイントに入ったり出たりしながら南西の飛行場にゴールする112キロタスク。途中アゲンストレグもあり、どんなコース取りで行くかで明暗が分かれます。

20170125-1.png
いつもあまり考えることなく大きい方のグループについて行くのが定番なのですが、今日はスタート前に全然上げられずスタートに間に合いませんでした。出遅れてしまった少人数で進みますが20キロも行かないうちからバラバラになり、完全に一人旅に。一人でクロスカントリーしてるつもりになってゴールすることを目標に切り替えて飛びました。

20170125-2.png
3回ほどもう降りてしまうかも、ってくらい低くなりましたが鳥さんの助けなど借りながら復活し、残り10キロあと600m上げればゴールに届くというところまで来ました。そこで他の2機と合流、雲もポコポコあってもうゴール確実だー!なんて気が緩んでしまい、不用意に前に進んで最後のサーマルを当てる事ができず、まさかのゴール7キロ手前にランディングです。あぁぁーがっくり。遅かったのでいい得点には結びつきはしなかったのですが、ゴールできない悲しみは多大です。。。
写真はランディングしたところ。降りたくないと思うあまり、低いのに降ろすところのない谷に入り込んでしまい、斜面に降ろしました。大分危なかった。得点に結びつかないって分かっているのに無理してしまうなんて大反省です。怪我しなかったのが、本日の唯一にして最大に良かったところです。ふぅ。

20170125-3.png
砂利道でヒッチハイクして大きな道路まで送ってもらいました。バンの荷室に乗せてもらったのですが、砂利道をぶっ飛ばすものですから後ろがガンガン跳ね上がって、腰と首がやられました。危険は地上にも潜んでおりました。。。

やっちまった結果はこちらから

優勝戦線からは大きく外れてしまいました。。。残り3日、納得のいく、いい飛び目指して頑張ります!

2016 ワールドカップスーパーファイナル in ブラジル レストディ

本日は休養日。思いっきりグータラしています。

20170124-1.png
でも一日ベットの上でゴロゴロっていうのも何なので、スーパーにお土産を買いに行きました。この赤い梨のようなリンゴのような果物気になります。

20170124-2.png
街で良く見かける現金輸送車。機関銃みたいな銃を持った警備員さんがガードしています。

20170124-3.png
街ブラしてて見つけた石屋さんで、水晶を衝動買いしてしまいました。天然石。
水晶パワーをたくさん取り込んで、明日からの英気を高めたいと思います!はぁぁあー(これは気合の声です)

2016 ワールドカップスーパーファイナル in ブラジル 6日目

本日は川を2回クロスしてバラダレス手前に戻ってくる92キロタスク。毎日毎日、ほんとによく飛べます。

201723-1.png
40キロくらい飛んで川を渡り直すところ。このあたりで少し遅れ気味になったので、少人数が進むショートカットコースを選択!巻返しを狙ったのですが、今ひとつ。。。降りちゃうことはないけど早くもないって感じで差を縮める事ができないままゴールへ。

201723-2.png
今日も無事ゴール。悪くはないんですが特別良くもない800点台です。最近の女子は900点台が当たり前になってきたのでこのままでは勝てません。うーん、もっと頑張らなくてはです。

結果はこちらから!

明日はレストデー。もうヘトヘトなので丁度良いです。
リフレッシュして残り4タスク、がつんと頑張りまーす!

2016 ワールドカップスーパーファイナル in ブラジル 5日目

本日は94キロタスク。風は弱いけど高層雲が張るかもしれないので3日目みたいなことになるかもしれないとのこと。なので慎重に行くことに決めました。

20170122-1.png
これはスタート直後。ほとんどの選手が同じ場所からスタートしたのでスゴい固まりになっていまして、これは写真撮らなくては!とカメラを出したらなぜかフリーズしており、慌ててFR200を取り出して撮りましたがちょと遅かった感じ。そんなこんなでスタートは大分遅れてしまいました。
ところが、予報通り高層が張り出して来て激シブコンディションになり先頭グループが大スタック。私は遅れたのが功を奏して晴れ間でガッツリ上げてから進むことができ、徐々に上がりだした先頭グループの高い位置に合流する事が出来たのでした。その後はまた晴れ間が広がりだして先頭グループと一緒に順調にサクサク進み、グループの中でもかなり良いポジション、あと残り何キロかしら?とご機嫌にGPSを見たところ、、、

20170122-2.png
ひゃあぁぁー!久しぶりにやってしまいましたぁ。上げるのに夢中になってて最後のターンポイントを取り忘れてしまいました。みんなは上げながらちゃんと取っていたので、残り10キロファイナルグライドに進んで行きます。私は、、、2.7キロ逆戻りです。。。はぁ。一緒に飛んでいたクラウディアは今日も女子トップゴール。一方、私は20分以上遅れてゴールです。がっくり。
熾烈なトップ争いの最中、痛恨の大ポカをやってしまいました。猛反省です。。。

2016 ワールドカップスーパーファイナル in ブラジル 4日目

20170121-3.png
今日はとってもコンディションがいい!ということで遂に100キロ超えタスクが組まれました。南方向に飛んで行った後、アゲンストでバラダレスに帰ってくるタスクです。

20170121-4.png
今日はほんとダメダメでした。スタートは悪くなかったんですが、なーんか見切りが悪くズルズルと遅れだし、そうなると弱気になってつい高く上げすぎてしまい、更に遅れるという悪循環を繰り返してしまいました。。。回りには数人しかパイロットがいません。

20170121-5.png 
大分遅れましたが、それでも何とか無事ゴール。ふぅ、よかった。
タスク3の川越えゴールで、かなり際どいパイロットがいたらしく、今日は川の手前がゴールです。

20170121-6.png
高さが十分あったので川向こうの公式ランディングへ。このランデイング、高くてもお尻の下がムズムズします。

結果はこちらから!

女子のトップ争いが熾烈になってきました!楽しい(^^)/
私も攻める飛びをして、900点台を叩き出します!!

2016 ワールドカップスーパーファイナル in ブラジル 3日目

今日は東に行って北に少し行って公式ランディングに戻ってくる86キロタスクです。

20170120.png
最初のターンポイントと次のターンポイントが一番近くなるちょっと風上からスタートしようという事で、ゲートが開く前からみんなドンドン飛び出しまして、20キロくらい進んでからスタートしました。
今日もいつも通り渋めのサーマルですが、徐々に良くなるだろうとフツーに先に先にと先頭グループにくっついて進んでいったのですが、スタートして5キロくらい進んだところで、ええ?あれあれあれ??ってな感じで全くサーマルにあたらず、先を行く低い人たちは次々と地上人になっていったのでした。これはヤバい!と日の当たってる方に引き返し、30機ばかりで右往左往したサバイバルを5機で抜け出しよっしゃー!きたー!と思うもつかの間、たった2機だけが最後まで選ばれし人となって、私ら3機は敢え無く果ててしまったのでした。がくー。ビッグチャンスを掴み損ないました。。。
更に降りたところは小高い丘に囲まれた牧草地にひとりぽっち状態。車が通れるような道までモーモーロードを延々と歩かなくてはなりませんでした。はぁ、つかれましたぁ。

20170120-2.png
そんな中、M6を駆るJ子ちゃんがなんと総合10位でゴール!女子トップ!!うーん、すごいです。羨ましいス。
ここバラダレスで大人気のSUSHI RESTRANTで祝杯を上げたのでした。

本日の結果はこちらから!

明日からまた気を取り直して頑張ります!!

2016 ワールドカップスーパーファイナル in ブラジル 2日目

今日は雨とオーバーキャスト(高層雲)の可能性があるということで、短め?の86kmタスクが組まれました。

20170119-1.png
スタート前の上がりは昨日に比べたらめっちゃ良く、楽々雲底ではあったのですが、雲の下で120機が30分以上入り乱れてウロウロすることになり、それはそれで大変恐い状況でした。今日も叫び声多数。

20170119-2.png
レースは中盤まではソコソコいい感じの上がりが続き、先頭の方にいたり真ん中あたりまで後退したりしながら、なんとなくトップが見える位置で進んでいました。ところが残り40キロ位のところで上げるのに時間を取られて大スタック、トップグループに大きく置いて行かれてしまいました。もうこうなったらトコトン上げてやる作戦に切り替えまして、遅くてもいいからしつこくしつこく上げてから進んでいたら、トップグループも上げあぐねていたらしく、そのうちなんだか合流できそうな感じに。。。

20170119-3.png
高く最終ターンポイントを取ったらいよいよトップグループと合流することができ、いいポジションをキープしたままファイナルグライド前のサーマルに突入!これはめちゃめちゃいい位置なのでもしかして10以内でゴールかも?!なーんて夢見ちゃいましたが、結果的には30位くらい。ううーん、そんなにうまくはいきませんよね。それに後で結果を見たら、トップグループの前に3人の突撃グループがいて、10分以上も前にゴールしておりまして得点もそんなに延びないかもって感じです。

写真はゴールまで15kmの地点。もうすぐファイナルグライドっていう最終局面なのにこんなに固まって飛んでるんです。

リザルトはこちらから!
次のページ>

プロフィール

平木啓子

Author:平木啓子
☆スカイ朝霧パラグライダー
 スクール インストラクター
☆パラグライダー選手として
 世界各地の大会で奮戦中
☆2009年、2013年 
 ワールドカップ
 女子世界チャンピオン
☆北海道出身
☆静岡県在住

最新トラックバック

フリーエリア

http://blog-imgs-64.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140915221815818.jpg

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Berghaus JAPAN

http://blog-imgs-43.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140928172152bfd.jpg