FC2ブログ

平木啓子の奮戦記

大会の様子やイベント事など、平木啓子とパラグライダーにまつわるお話を更新予定!

ワールドカップ2016 ポルトガル 6日目

20160707-1.png
ついにとってもいいコンディションの日がやってきました!シリンダーを出たり入ったりするややこしいタスクですが、ドドーンと104キロが組まれました。

20160707-2.png
テイクオフもようやく本部から近いリンはレス?とかいう、スカ朝遠征で使ったところです。

20160707-3.png
スタート前は1500mあたりに逆転層ビシっ。ガーグルこみこみで恐怖でした。

20160707-5.png 20160707-4.png 
レース中盤になるとサーマルトップが2500mを超え、バンバンコンディション。アクセルガン踏みのレースになりました。

20160707-6.png
無事ゴール到着。本日はめっちゃ調子良く飛ばしていたのですが、最後でどどどと抜かれ36位。でも女子ではトップです。なんとも気分良く飛べました!

成績はこちらから!

ワールドカップ2016 ポルトガル 5日目

20160706-1.png
本日も昨日と同じような予報でしたが、朝は爽やかに晴れていたのでダメ元でテイクオフに上がりました。が、到着した時点ですでに怪しげな雲が広がっていたので滞在5分で引き返しました。
写真は引き返すバスの中。小さくてエアコンがなくて鈍いバスなのですが気に入って毎日乗っています。他にもお気に入りになっちゃった外国人がたくさん乗っています。

20160706-2.png  20160706-3.png
引き返してキャンセルになるのかと思いきや、違うテイクオフに来ました。でもこちらは後ろからの風。そのうち前の方でモクモク発達してきて後ろ風もやまずでキャンセルとなりました。
残り2日、、、いいお天気になりますよーに。

ワールドカップ2016 ポルトガル 4日目

本日は、朝からモクモク大発達、早々にキャンセルになりました。今日は1日お宿でゆっくりしてました。明日も同じような天気予報とか。。。

CIMG3926.png
宿の前にある草むらでは、やぎさんたちがチリンチリン鳴らしながら草を食んでいます。お空は雷鳴ったり晴れたり大忙しでしたが、地上はなんとものどかな一日でした。

ワールドカップ2016 ポルトガル 3日目

20160705-1.png  20160705-2.png
今日もサンダーストーム予報ながら、風は昨日より弱く雲低は2900mとのことで、82kmのタスクが組まれました。
スタートポイントを取った後、50kmシリンダーを出て40kmシリンダーに入り直し北東のゴールに向かうコースなのですが、コース取りで大きく距離が変わってきます。もっと距離が短くなる方向に行きたいなと思いつつも、巨大トップグループと一緒の移動を選択。中盤くらいからグループが分かれ徐々に差が付き始めたのですが、上空が黒い雲に覆われ始め、雨もポツポツあたりだしたので、昨日に引き続きタスクストップとなりました。調子は悪くないんですけどね、昨日よりはいいかなって程度の成績です。もうちょっとガンバらなくちゃです。

成績はこちらから!

そうそう、フライト時には必ずライブトラック(どこを飛んでいるのかの位置情報がパソコンでライブで見れる)を渡されます。その機器は、ランディングを検知すると、ブザーが鳴り怪我して救助が必要とか回収が必要とか必要ないとか表示され、どれかを選んで押さないとブザーがやみません。で、怪我して動けない人がすぐ押せるよう、救助が必要ボタンが一番上にあります。昨日、地表の草がもじゃもじゃしたところに降りてしまいスッタモンだしているときにブザーがなり始め、ああうるさい、とよく見ないでボタンを押したら、救助が必要ボタンでした。あうううう、すっすみません。。。ブリーフィングで間違えて押すなとさんざん念を押されていたのに。。。今回はたった1点のペナルティで許してもらえましたが、次回は0点だそうです。気をつけなくてはです。

ワールドカップ2016 ポルトガル 2日目

20160704-1.png 20160704-2.png
本日は76キロタスク。高層雲が張ってカバーしてくれているけど、それが消えたら積乱雲が発達するので無線は良く聞きながら飛びなさい、とのことでした。
さてレース、序盤はなんとも調子良くサクサク飛ばし20キロ過ぎまで順調に進んでいたのですが、左右に分かれた2グループが合体して巨大ガーグルになってからはなんともうまいこと上げられず、じりじり後退。途中判断ミスもあってトップから大きく遅れてしまい、右往左往しているうちに積乱雲が発達してタスクストップとなりました。

20160704-3.png 20160704-4.png
ランディング後空が真っ黒になり雷も鳴り始めて、地上にいられてよかったよかった。回収車を待ちながらお昼寝していたら、再びビューティフルな空になっていました。

20160704-5.png
回収車を待つ事3時間、宿に帰り着いたのは9時過ぎ、疲れました。でも帰ったら晩ご飯がすぐ用意されていてなんとも極楽です。

ワールドカップ2016 ポルトガル初日

20160703-1.png
晴天雲底2000m予報ですが、風向きが南ということで1時間半かけてモンテガシュというエリアに移動してきました。ところが北風から変わらず、延々と待ちましたが5時間待ってギブアップ、初日キャンセルです。そして戻るにまた1時間半。。。

20160703-2.png
徒労な8時間を労ってカンパーイ。これから1週間は超暑い予報だそうです。

20160703-3.png
宿はスカイ朝霧遠征で泊まった、アーノルドとマリエさんのところにしました。日本のママたちに習ったようにご飯を炊いてみたわよ、とマリエさん。晩ご飯、とっても美味しいです。

ポルトガル選手権7日目

20160702-1.png
最終日、風は弱いものの今日もやっぱり逆転層は低く短め34キロのタスクとなりました。今日は南テイクオフからスタート。
レースは渋いながらもえっちらおっちらコンペ機もスポーツクラスもごっちゃになって進みました。残り15キロくらいで少し抜け出たので、よーし!と3機ばかしでスパートをかけ始めたのですが、モンタレグレの街のある谷に入ると全くリフトがなくなり撃沈。それを見ていた後続グループは山際に進んで少し距離を伸ばしてランディング。誰もゴールなりませんでしたが、本日はやってしまったかも!的成績です。

20160702-2.png
女子では無事優勝。総合は昨日まで僅差だった6位の人もやってしまったようで5位のままフィニッシュできました。難しいコンディションでしたが十分楽しくいい成績で終われました。
結果はこちらから!

明日からはワールドカップ!頑張りまーす!!

ポルトガル選手権6日目

20160701-1.png
見てください。今日も低いところで逆転層ビシーっです。6月は北(ピレネー山脈)で風が強く、冷たい空気をポルトガルに運んできちゃうのでこんなんなっちゃうんだとか?ここモンタレグレのいい時期はあっつくなる7月なんだそうです。でも空軍がセラデエステラで演習なんか行うからポルトガル選手権をここで開催せざるを得なくなったんですよね、まーったく。。。ポルトガル軍じゃなくてNATO軍の演習だそうです。でもですね、なんだかんだいいながら、1日キャンセル以外毎日飛べています。ここモンタレグレは東西南北どの向きでもテイクオフがあるのです。問題は風の強さだけなんですよ。いいところです。

20160701-2.png
本日のタスク。昨日と同じ60キロほど先の南東にあるゴールに行っちゃえタスクです。違いは昨日は西向きテイクオフからでましたが、今日は北向きテイクオフからです。2キロほどゴールが遠くなりました。
今日のコンデイションは、昨日より風は弱いけど上がりがイマイチのサバイバルレースです。第一関門はテイクオフ前で上げて山を越えて裏にこぼれたフラット。風に流されるちぎれちぎれのサーマルで如何にうまく回すかです。わたくし、ブラジルキシャダで鍛錬していますのでこのシチュエーション超得意!ってな感じで、スタートを失敗したのでトップグループからは遅れましたがグイグイ抜き出れましてずんずん順位をあげて4位か5位でフィニッシュできました!ファイナルグライドは昨日の失敗もあって随分あげてから切りましたのでゴール上空で400mもあまっちゃったんですが、おかげでようやく空中写真とれました!

成績はこちらから!

ポルトガル選手権5日目

20160630-1.png
今日は予報に反して、風が弱く減率もソコソコらしく60キロちょっとのタスクが組まれました。3000m近くまで上がって西ベースで終日風が弱い予報とのこと。でも気象ブリーフィングで予報士がこれはあくまでも予報なので、ここ4日間の例からすると外れる可能性もあります、、、と説明していました。
ところでポルトガルパラグライダー界の常識、スタートがENTER(シリンダーに入る)の場合、シリンダーの外にいて入るからOUTスタート、EXIT(シリンダーから出る)場合は、シリンダーの中にいて外に出るからINスタート。私は、タスク1・2は、INに○が付いていたのでENTERスタートかと思い、わざわざ外に出てからシリンダーに入り直してスタートしていたんですが、皆全くシリンダー外に出る気配なし、どうなってるの?とポルトガル人に聞いたところ、くだんのシステムだそうです。今回はOUTスタート、つまりENTERです。分かりづらかったFLYMASTER(ポルトガル製のGPS)の表示方法にもこれで納得がいったのでした。て、書いてて思い出したんだけど、去年もこんな話題が出てたような??

20160630-2.png
さて本日のレース、60km先のゴールまで風に乗ってまで行っちゃえタスクです。スタートの頃はバンバンのコンディション(といっても2100mくらいで雲底ですが)、南東に向かってGo、20kmくらいまで雲に吸い上げられたりシェアーだったりで全く回さずにシャベスという街まで一気に到達しました。さてシャベス、大きな街で如何にも上がりそうな雰囲気をかもしながら、なんと激シブ。風向きも追い風だったはずがなんだかどっちから吹いてるのか分からない状態になり、先頭グループは低くなって右往左往しています。私はスタートに失敗していたので後続のスポーツクラスグライダーと上げ上げ作戦変更、それが功を奏してに一気に2番手に躍り出ました!よーし、今日も行ったるぜー!!と勢い込んでトップのやつと切磋琢磨しながら突っ込んだのですが、なんと予報士がいうとおり風向予報が大外れ、ゴール前はサイドアゲンストのうえ山からの吹き下し!!ファイナル5kmで800mあったのに私はスピードセクション(2km)を切れずにランデイング、トップのフランス人は残り1kmで果てたそうです。こんなに目まぐるしくコンディションが変わるタスクも珍しいです。勉強になります。私はシャベスで生き残ったときに、よっしゃ今日は行ける、と慢心してしまったのが敗因。常にコンディションを把握して何がベストのコースかを考えながら飛ばなくちゃですね。いい勉強になりました。
ちなみに写真は、全く前に進めなくなって幼いオリーブの木の畑を選んで降りて悲しんでいるところです。道も遥か彼方です。

20160630-3.png
今日もいつものレストランに来ました。ビールも紹介しておこうかと。泡なしナミナミです。

20160630-4.png
今日はポルトガルサッカーで超大切な試合が開催されています。ヨーロッパ選手権でポーランドとの戦いだそうですよ。何回戦目なのかな?よくわかりませんが、お前も応援しろと、とテーブル近くのテレビが付けられました。近所のおじさんたちはおお盛り上がりです。今は1対1、勝ってほしいですねー!
<前のページ

プロフィール

平木啓子

Author:平木啓子
☆スカイ朝霧パラグライダー
 スクール インストラクター
☆パラグライダー選手として
 世界各地の大会で奮戦中
☆2009年、2013年 
 ワールドカップ
 女子世界チャンピオン
☆北海道出身
☆静岡県在住

最新トラックバック

フリーエリア

http://blog-imgs-64.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140915221815818.jpg

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Berghaus JAPAN

http://blog-imgs-43.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140928172152bfd.jpg