平木啓子の奮戦記

大会の様子やイベント事など、平木啓子とパラグライダーにまつわるお話を更新予定!

スカイ朝霧ツアー in シシリー島 6日目

最終日は、パレルモに近いエリア、パルティニーコでフライト。この日はいい条件の時間帯が短かったですが、概ねいいフライトができました。
DSCF4559.png  DSCF4562.png
こんな景色。ちょっとだけ岩盤。

DSCF4561.png
テイクオフを上から。結構、イガイガの草多し。

DSCF4563.png
最後の夜は、地元で大人気のピザレストランで。

DSCF4566.png
翌日がガイドのダビデのお誕生日だったので、みんなでお祝いしました!

ガイドのダビデから。
シシリーはとってもいいところで皆に来てもらいたいけど、必ずイタリア人のガイドを通して地元のパイロットに連絡を取ってから飛びに来てね!とのことです。宜しくね!
スポンサーサイト

スカイ朝霧ツアー in シシリー島 5日目

遂に快晴のフライト日和到来!世界遺産のローマ時代の城塞都市・タオルミーナの近くのエリアでフライトです。

DSCF4525.png  DSCF4526.png  DSCF4532.png
綺麗に整備されたすごく広いテイクオフ。海に向かって走ります!

DSCF4536.png  DSCF4537.png  DSCF4541.png  DSCF4543.png
海を見ながらの山飛び。一緒に飛んでくれたガイドのミケランジェロは世界遺産タオルミーナを上空から見学したそう。うーん、行きたかった。すっごくいい日はエトナ山までクロカンに行けるらしいです。

DSCF4550.png
公式ランディングはビーチ。ちょっと遠出しちゃって戻ってこれなくてもどこのビーチでも大丈夫!とのこと。

DSCF4552.png
夜はアウグツーリズムレストランで乾杯。テーブルの上の料理はまだまだ前菜の段階です。

スカイ朝霧ツアー in シシリー島 4日目

サイクロンが通過してスカッと晴れましたが、朝から強風、飛べそうもありません。シシリーといえばエトナ山、とういことでそちらの方面に移動することにしました。

DSCF4479.png
コルクの木。コルクが木の皮から作られているとは知りませんでした。

DSCF4480.png DSCF4481.png
いたるところにあるサボテン。この実は甘くて美味しいということでガイドのミケランジェロが獲って食べさせてくれました。甘くてジューシー。

DSCF4486.png  DSCF4487.png  DSCF4490.png  DSCF4493.png
K名夫妻が旅の間にレコッタチーズを食べてみたいとガイドさんにお願いしたところ、山道を走行中にアグリツーリズム的レストランを発見。レコッタチーズがあるか聞いてみたら、丁度今出来上がる所だから製造現場を見に行っていいよ、とのこと。
出来たてのあったかーいレコッタチーズをたーんまり食べさせてもらいました!ふわふわの食感で豆腐のような感じ。ヤギの乳から作ってるんですが全く臭みがなくてすんごく美味しかったです。すごいレアな経験でした。

DSCF4488.png  DSCF4498.png
こちらのヤギさんのお乳から。ちっちゃな番犬くん。

DSCF4499.png  DSCF4503.png
うまいうまいと興奮して食べてたら、これも食べてみるか?とカチョカバロが出てきました。こちらも絶品!奥から自家製ワインも出て来て、飲めや食えやの大盛り上がりとなりました。

DSCF4515.png
宿に到着する頃には、雲に隠れていたエトナさんが顔を出してくれました。

スカイ朝霧ツアー in シシリー島 3日目

3日目は雨。なのでエリチェというローマ時代の遺跡がある街に観光に行きました。
DSCF4436.png  DSCF4422.png DSCF4428.png  
街全体が遺跡そのもの。傘をさして街ブラしたのですが雨の石畳はツルツルして用心して歩かないと転んでしまいそうです。


DSCF4432.png  DSCF4431.png
頂上の城壁に着いたら雨があがって下界の景色が眺められました。天空の城のようです。風向きによっては、この遺跡のリッジで上げて遠くまで飛んで行けるそうです。

DSCF4438.png
次は海沿いのシシリーの塩で有名なトラパニへ

DSCF4441.png  DSCF4443.png  DSCF4444.png
道沿いに広がる塩田。塩の山は誰でも触ってOK。

DSCF4449.png  DSCF4452.png
塩泥棒中の我らがガイド、ダビデとミケランジェロ。魚の塩釜に使うそうです。ちょっと苦いですがミネラルたっぷり。私も日本へのお土産用に少々拝借しました。(後で聞いたら道沿いの塩山の塩は誰でも持って行っていいそうです。)

DSCF4454.png DSCF4457.png
続いてはシシリーで一番大きなワインセラーで見学あんど試飲。シシリーワインはイタリアでも一番美味しいとワイン通のダビデがいっておりました。

DSCF4470.png DSCF4473.png  DSCF4477.png  DSCF4478.png
最後はマッザーラ・デルバーロという港町の生け簀のあるレストランでスペシャルシーフードを堪能しました。前菜は4種の生エビとキハダマグロ。シシリー産の塩とシシリー産のオリーブオイルで頂きました。ちょっと醤油味で食べてみたいと思って出した所、ノー・ソイソース!と叱られてしまいました。すみませんでした。。。

雨が降っても見るとこ食べるとこいっぱいのシシリーです!


スカイ朝霧ツアー in シシリー島 2日目

本日の風向きだとここからしか飛べないというエリアに来ました。こちらは個人所有のプライベートテイクオフ。雨で途中から道が寸断されてしまっているということで高低差150m以上の担ぎ上げ、うーんやめようか、なんて話していたら、一緒に飛ぼうと合流してくれていた地元の若者フライヤーが我々のグライダーを担ぎ上げてくれました。素晴らしい。日本からわざわざ飛びに来てくれたんだから飛んでほしい!みたいな感じです。感謝感謝
DSCF4397.png DSCF4399.png
すっごく眺めのいい所です。

DSCF4402.png
テイクオフには東西南北をしめす石が埋め込んでありました。

DSCF4406.png DSCF4408.png
フライト後は、セファルーという街で食事してブラブラ町観光。情緒ある要塞都市でした。

DSCF4412.png DSCF4411.png
こちらはカジキマグロとキハダマグロ。軽くあぶってある感じですがほとんど生。新鮮。何を食べても美味しいです。



スカイ朝霧ツアー in シシリー島 初日

スカイ朝霧のメンバーとシシリー島にきました!ガイドはイタリア人のダビデとシシリー島の地元パイロット・ミケランジェロ。
初日はサンタルチアで海岸リッジフライト。
そんなに移動はできませんでしたが、安定した海風の中のんびり飛びました。最後は海の沖の方まで遊びに行ってからランディング。砂浜の風がなんと上空より強くて何人かはバックしながらの着地となりましたが、皆さん無事でした。

DSCF4370.png
テイクオフでパチり

DSCF4386.png  DSCF4385.png  DSCF4379.png
こんな感じの景色の中飛びました。

DSCF4390.png
こちらはテイクオフ。一機分です。

CIMG0068.png
夜はパレルモの港にいってシーフード料理のフルコース。めっちゃ美味しかったです。今まで食べた日本以外のシーフードの中でナンバー1かも。

ワールドカップ スペイン戦 最終日

最終日、上がりはそんなに良くない予報の中、直線的にどどーんと飛ぶ95kmタスクが組まれました。岩盤リッジをへこへこ進んだ後降りる所がホトンドないような山の中をえっちらおっちら進むタスク。次の日の朝早い便でツアーのためにシシリー島に渡らなくてはならなかったのでこんなところに降りちゃったら飛行機に乗れないかも、と相当びびりながら飛びました。
結果は、最後のターンポイントを折り返す前にもっと慎重に上げておくべき所をやや低めに前に出てしまい降りてしまってゴールならず。そのちょっと前から状況を読んで高く高く進んでいたら、、、と悔やまれます。

CIMG0054.png  
岩盤沿いは中々アクセルを踏み続けられませんでした。

CIMG0057.png
上がりがイマイチなので山の中を進むの恐ろしいです。一人だったらこの高度では絶対行かないです。

DSCF4363.png
今回は女子2位でした。
1位は聖子ちゃん、3位はワールドカップ初参加の山下あっちゃん。もう一人は5位のパラワールドのさとゆきさん。日本女子で首位独占です。ジャパニーズワールドカップ!といわれました。

DSCF4367.png
男子の1位は今回同じ宿だったフランス人のピエール。2位はスペイン人のチャビ、3位はオーストリア人のヘリムート。

最終結果はこちらから!


ワールドカップ スペイン戦 6日目

今日も低い雲底でスタートでしたが徐々に上がって来て72キロのタスクが組まれました。スタートは16:20。日本だったらもう売り切れ御仕舞い〜の時間なのですが、ここではこの時間から72キロ飛ぼうっていうんですからすごいですよね。
さて自分。テイクオフして順調に高度を稼いでいたんですが、バッサリ潰されて大クラバット(翼が折れてラインに引っかかって通常の形じゃない状態)。あれこれやっても直せず最後の手段のストールでなんとか回復することができ、バッチリスタート間に合いました。よかったよかった、と喜んでいたのもつかの間、今度はなまじ先頭のイケイケ集団の中にいたせいで、高度を稼ぎたいところで回せず低いままどんどん突っ込みすぎてどつぼ。高度の高い先頭集団に相当おいてかれてしまいましたが、遅れながらもなんとか最後はゴールにたどり着きました。ふう。女子では2位でした。

成績はこちらから


DSCF4342.png DSCF4344.png
今日は初めてテイクオフの北側に飛んで行きました。

DSCF4348.png  DSCF4350.png
ゴールは湖のほとりの風光明媚なところでした。19時ゴール。さすがに日が傾き始めました。

ワールドカップ スペイン戦 5日目

今日は朝から雨。終日降る予報なので早々とキャンセルとなりました。
明日明後日はいい予報らしいので、残り2日に期待です。


DSCF4335.png  DSCF4331.png DSCF4337.png
一日家でゴロゴロしてたのですが、雨の間隙をついて街のお散歩へ。丘の上に立つこの街アジェールのシンボルになっている教会?お城?の見学にいったのですが閉まっていました。残念。

DSCF4338.png  DSCF4339.png
坂道を漕いで登れないおこちゃまの背中を押すお父さん自転車。後ろから車が来ていますが気にする様子はありません。街全体がの〜んびりしています。

DSCF4325.png
こちらはちょっと大きめの街に行ったときの道路標識。何が禁止なんでしょうね?


ワールドカップ スペイン戦 4日目

今日は11時頃まで雨が降っていたのですが、次第に晴れて来て2時にテイクオフへ。雲底は低いもののレースが出来そうということで55キロのタスクが組まれ15:40ゲートオープン、16:40スタートとなりました。ゲートオープンしたらすぐに雲が下から湧き始め、そそくさと飛び立ちましたがその後テイクオフは雲の中にずっぽり。その後も雲底はどんどん下がり、40分程雲の下でウロウロしてましたが、やっぱりな感じでキャンセルとなりました。あんな状況で120機もウロウロしてたら大変だったのでキャンセルは正解!

CIMG0034.png  CIMG0030.png
10機くらいしか飛べなかったのですが、それでも雲に入ったり出たりで回りにグライダーいないかすごく神経使いました。
でも雲リッジはちょっと楽しかった。

CIMG0037.png
テイクオフ前の壁の下段までずっぽり。なのにキャンセルになった後、飛んでたパイロットが100mくらい進めばサンシャインだから大丈夫だ!とアドバイスし、何機かがGPS頼りに飛び出したらしく、その中の一人は5分間雲中飛行だったそうです。恐ろしいですねぇ。


次のページ>

プロフィール

平木啓子

Author:平木啓子
☆スカイ朝霧パラグライダー
 スクール インストラクター
☆パラグライダー選手として
 世界各地の大会で奮戦中
☆2009年、2013年 
 ワールドカップ
 女子世界チャンピオン
☆北海道出身
☆静岡県在住

最新トラックバック

フリーエリア

http://blog-imgs-64.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140915221815818.jpg

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Berghaus JAPAN

http://blog-imgs-43.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140928172152bfd.jpg