平木啓子の奮戦記

大会の様子やイベント事など、平木啓子とパラグライダーにまつわるお話を更新予定!

次なる大会

無事日本に帰り着き、朝霧でセッセと働いております。なんだかんだ毎日飛べていて休み無しでタンデム三昧です。

さて次なる大会ですが、、、
なんとアキュラシーの日本選手権に参加することになりました!アキュラシーとは、ターゲットに如何に正確に降りるかを競う大会です。私の長年の大スポンサーさま「api」の野々垣会長が池田山で開かれるこの大会をスポンサードされることになりまして、是非平木さんにも参加してもらいたい、とのお話を頂いたのでした。とーってもお仕事の忙しい時期に本職じゃない大会のために会社を抜け出して参加するのは大変心苦しいところではあるのですが、野々垣会長からのお話ですから受けない訳にはいけません!!全くの畑違いなので果たしてどうなることやらですが、会長の前で無様な結果を残す訳には行きませんのでただいま付け焼き刃練習中です。

CIMG0003.png
今回の戦闘機はこのぶりっとしたフォルムのかわいらしいモジョ5!ファルホークさまに貸して頂きました。今までの戦闘機とのあまりの違いにまだまだ戸惑うばかりですが、大会までには調整したいなーと思うところなのでした。大会は8月25日からです。
なにはともあれ、がんばりまっす!

スポンサーサイト

2017世界選手権 最終日

20170715-1.png
タスク発表前に現在の女子トップ5人が集められパチり。左からシルビア(イタリア)、エマヌエル(スイス)、聖子ちゃん(フランス・日本)、カリー(オーストラリア)、私。こうして並んでみるとやっぱ大きいですね。

20170715-2.png
お天気は悪くないんですが、北西からの風が入っていてコンディションはイマイチなのと、最終日ということで46キロのショートタスクとなりました。

20170715-3.png
最終日、せめていい飛びをして気分よく終わろうと、張切って飛び出しました。そして高度を獲得するためにセンタリングしていたところ、左後ろから”おうおうおう”との叫び声のあとにグライダーに衝撃が・・・ああー!私のグライダーに人がひっかかってるー!!グルグル回りそうになったのでブレークを思い切り引いて止めたところブチブチブチとの音とともに人は離れて行きました。。。上を見てみると何本もブレークラインが切れています。ひゅるるるるー・・・もうレース続行は無理ですので、安全にランディングに降ろす事を決断しました。なんという最後でしょう。残念無念です。

20170715-4.png
今日のゴール、フェルトレ。レースに参加できずに降りる事になるとは。どこもかしこも上がる状態でしたので降ろすのに30分以上かかりました。はー、こんなときに上がらなくて良いのに。。。

20170715-6.png
今日のトップゴール。ワラワラとみんながゴールしてくるのを下から見上げるなんて、なんとも悲しかったです。

20170715-7.png
クロージングセレモニーも盛大で、沿道にはたくさんの人垣。

20170715-8.png
今日は50点しかつきませんでしたがなんと5位キープ。チーズとスパークリングワインの一升瓶もらいました。

20170715-9.png
女子は聖子ちゃんが連覇!めちゃすごいです。2位は新人カリー、3位は地元のシルビア

20170715-10.png
男子はピエール(フランス)が逆転優勝、2位はイギリス人のガイ、この方56才くらいだそうで私もまだまだ頑張るぞって励みになりました!3位は同率でオノラン(フランス)とユーリ(スロベニア)

フランスは総合・女子・国と完全優勝、すごいです。フランス国歌が3回夜空に鳴り響きました。いつか日本も・・・頑張ります!

結果はこちらから!

これから日本に帰ります。

2017世界選手権 11日目

朝のうちは、まだ前線が通過しておらず雨がシトシト降っていました。ゆっくり朝寝坊です。

20170714-1.png
昨日雨にあたったグライダーを部屋干し。グライダーに入っていたバッタが部屋の中でぴょんぴょんしていました。

前線通過後、お天気は急速に回復。バッサノグラッパに移動して58.8キロのタスクとなりました。
雲底は低いものの序盤は上がりが良くスピードレースになるかに見えましたが、徐々に陰って来て山が上がらなくなりいつものサバイバルレースになりました。

20170714-2.png 20170714-3.png
こうなることを予想していて多少遅れても高め高めで動いていたのですが、また雨が降り出してきてしまったので離脱し、晴れているところに向かいました。雨の中、まだ上げているグライダーもいました。

今日は21人がこのサバイバルレースを生き残りゴールしました。ここでゴールできれば上位にジャンプアップできる大チャンスでした。自分にはそのチャンスが充分にあったのに生かせませんでした。。。残念です。はあ、ほんとに自分にがっかりしています。。。

がっかりな成績はこちらから

女子1位独走中の聖子ちゃんは今日もきっちりゴールを決め、総合でも15位まで上昇。韓国チームは2人ゴールを決め国別ランキングで4位に浮上。

明日の最終日、全力で頑張ります!

2017世界選手権 10日目

20170713-1.png
今日は大会の中で一番いい日になる!はずだったのですが、朝から雲行きはなんとも怪しい感じ。今までと全然雰囲気が違って、羊さん雲がポコポコ(積雲ではない)。こんな雲がある日は温暖前線がくる前触れとか?オーガナイザーもお天気予報の急変に戸惑っているようでした。

20170713-2.png
はっきり言ってどう転ぶか分からないお天気だそう。スゴく良くなるかもしれないし、積乱雲が発達するかもしれないし、上昇はいいかもしれないし、雲底は低いかもしれない、と予想できないみたいで、取りあえず山で雲が発達したときの為にコース取りは沖から沖、距離は短い56キロタスクが発表されました。
沖から沖が最短距離(最短で行くとすべて山回りするより20キロも違うらしい)ではあるにしても、今まで散々沖で苦しい思いをしてきた日本人チームとしては非常に悩ましいタスクで、スタート前のデスカッションでも結論でず、回りの動きを見て決めようということになりました。

20170713-3.png
テイクオフしてからスタートを待つ間、山に行ってみましたが山が抜群にいいとは感じられず、沖から行きたいけど少人数だったら山にしようなーんて考えながら飛んでいていよいよスタート。どっちにも行けるポジションからスタートしたのですが、沖からコースを選んだ人たちがたーくさん!50人くらい!イヨォーッし勝負だーっ!てな感じで大喜びで沖から行く事に決めたのでした!
これが大当たりで一つ目のパイロンを折り返す段階で山回りチームとは7km近い差!ルンルン気分で駒を進めていたのですが、3つ目のパイロンに向かう途中から向かい風の上に暗雲が立ちこめ始めリフトがなくなり大スタック。地上スレスレで丘リッジでなんとか粘っていたら後続にはどんどん抜かされ、しまいに雨が降り始め、最後は雨のためタスクストップとなってしまったのでした。散々です。はぁーがっくり。今日こそは行けそうでしたのに、上手いこと行きません。

相変わらずな成績はこちらから!

2017世界選手権 9日目

20170712-1.png
フェリックスが女子インタビューのムービーを撮りたいというので、朝の準備を終えて集まりました。そこでパチり!残念ながら朝がゆっくりな聖子ちゃん、ローリー、ペトラ、クラウディア、エマヌエルと大御所がいませんが集まれたメンバーで。
一番奥の右手がシルビア(イタリア)でその隣が今回の世界選手権に初めて出場したカリー(オーストラリア)。現在女子2位。彗星のごとくコンペシーンに現れて上位を突っ走っています。飛びも面構えも本物です。すごい大物新人です。一番左の子はアデール(ハンガリー)でおそらく180cmは超えていると思います。シルビアもカリーも175cmくらい。その手前にいるイボンヌ(ドイツ)は一昨年Xアルプスに出場した女子。彼女も175cmくらいと女子も超大型化してきました。私の右隣にいる彼女は韓国のウーさん。左隣はパトリチア(メキシコ)その後ろがマリナ(ロシア)その隣がジョアンナ(ベネズエラ)、イボンヌを挟んで右隣がマリ(ノルウエー)です。この辺りは小粒揃い。テイクオフで苦労しています。

20170712-3.png 20170712-4.png
さて今日は空気が入れ替わって湿度が下がり、爽やかな雰囲気です。雲底はさほど高くはないけれどサンダーストームの心配はないとのことで73.9キロタスクが組まれました。
今日の飛びは遅れては追いついてまた遅れてしまって。。。雲に入りそうになって大きく迂回したのですが、入らずに突破できる道があったようでそこを抜けて行ったグループは一気にトップグループにジャンプアップ。抜け道をちゃんと見つけられなかったんです、残念。でもその後もまた追いついたのにサーマルをチョコチョコ移動してしまう自分の悪い癖が出てまた遅れてしまって、遅いゴール。なのにゴールで500mも余してしまいました。中々うまいこと飛べませんね。
ただ今日は自分で納得の行く飛び。自分の意志で離脱して自分の考えでコースを決めて、失敗や遅れの原因も分かっていて。そして何となくここの飛び方が分かりました。明日こそミスなく気分良く飛びたいです!

相変わらずな成績はこちらから!

20170711-4.png
こちらはスロベニアのパラグライダースクールの車のナンバープレート。なんと”GO FLYNG”です。
残り3日、ゴーフライ!
次のページ>

プロフィール

平木啓子

Author:平木啓子
☆スカイ朝霧パラグライダー
 スクール インストラクター
☆パラグライダー選手として
 世界各地の大会で奮戦中
☆2009年、2013年 
 ワールドカップ
 女子世界チャンピオン
☆北海道出身
☆静岡県在住

最新トラックバック

フリーエリア

http://blog-imgs-64.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140915221815818.jpg

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Berghaus JAPAN

http://blog-imgs-43.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140928172152bfd.jpg