平木啓子の奮戦記

大会の様子やイベント事など、平木啓子とパラグライダーにまつわるお話を更新予定!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018ワールドカップブラジル 最終日

いよいよ最終日です。昨日、クラウドフライング(雲中飛行)のペナルティーを取られてしまい、点数が0点になってしまったので今日はしっかり点数を取らなくては女子の表彰台が危うい状態になりました。守りの飛びか攻めの飛びか・・・悩む所です。
ちなみに雲中飛行は3秒ほど見えなくなっただけでしたのでまーいーかっなんて思い、雲中で獲得した高度をスパイラルや方向転換して落とす事をしなかったんですが(雲中飛行は禁止されているので雲中で獲得した高度は不正な高度になります)、見ていた人がいてコンプレインされちゃったんです。いやーちょっとなんだけどな、、、は通用しません。気をつけないとです。人間、正直に行かないとダメですね。でも私より更に高かった人たちが10人以上いたはずなんですが・・・おとがめなしです。

20180421-1.png
さて、お空はこんな感じでなんとなくどんよりです。コンデイションがちと心配です。写真は、ブラジル人のENZO3が中折れしちゃってるのをスペイン人のフェリックスとチャビが直して上げているところ。2日前も他のブラジル人のを直して上げていました。お二人はとっても優しいです。

20180421-2.png
今日のタスクは、南に行って北に行ってテイクに戻って昨日と同じバイシュワンドゥゴールの81キロです。南は初めて使います。

20180421-3.png
どんよりな雰囲気だったので重りを1キロ減らしてテイクオフしたのですが、スタートの頃には晴れ渡ってバンバンコンディションとなり、しかも南方面は上昇が過激な岩盤エリアで、しまったかも感満載のスタートとなりました。

20180421-4.png 20180421-5.png
でも南のターンポイントを折り返して北に向かうときには、どんどん高層雲が張って来まして、またしても生き残りゲームが始まりました。このタイミングで低いとアウトですが、今回はついていますのでいいポジションで集団の上に被せられ悠々生き残ることができました!

20180421-6.png
北を折り返してテイクオフに戻る頃には、再びバンバンのコンディションになり、女子表彰台を争うヤエールちゃんと超デッドヒートとなりました!1位のメリルちゃんも近くにいたようですが、彼女はいつもちょっと高くて目立たないグライダーなので中々認識できず意識できませんが、ヤエールちゃんのはめっちゃ分かり易いのでついつい闘争心に火がついてしまい、守りの飛びか攻めの飛びかなんて悩んでいた事も忘れ、抜きつ抜かれつ飛びました。時に近すぎ!つーこともありましたがとーっても楽しかったです!

20180421-7.png
ファイナルグライドは二人並んでフルアクセル勝負!仕掛けが早かった分、数秒勝ちました!!(が、リーディングポイントで負けました)

20180421-8.png
結局1度も女子トップは取れませんでしたが、ソコソコの点数が揃えられましたので、女子2位になれました!スーパーファイナルの鬱憤を大分晴らすことができました。
1位メリル(フランス)、2位平木(日本)、3位ヤエール(スイス)、4位クラウディア(ポーランド)、5位ウチャ(ブラジル)

20180421-9.png
こちらは総合表彰。女子優勝のメリルちゃんは総合でも10位入賞、ワールドカップはオーストラリアに続き2連覇と絶好調です。まだ21才くらい、すごいです。

嬉しい表彰台の成績はこちらから!

総合でも17位に入れました!今回の好調なアレコレ、忘れずに次回にも生かして行きたいと思います。そうそう、今年のスーパーファイナルはここバイシュワンドゥですることに決定したそうです。なにかと色々、忘れないようにメモしておかなくてはです。
スポンサーサイト

2018ワールドカップブラジル 6日目

今日もいいコンディション。北東ー北西ー南西ーバイシュワンドゥという少し長めの89キロタスクが組まれました。

CIMG2933.png
今日のスタート前は恐かったです。アチコチで雲にズポズポ、グライダーのバシャバシャって音や叫び声が聞こえ、ビクーってなりながら待ちました。写真はスタート直後。早く離れたかったので、少し低めでもいいやって出ちゃいました。

CIMG2938.png
遅れ気味&低めで平静さを欠き、戒めを忘れて悪い癖が出てしまいました。出し抜きたくなって上がりが良さげに見えた、少人数グループのコースに行ってしまったのです。このコース取りが大失敗で遅れに遅れてしまいました。北に向かう地形はゴツゴツ岩ばかり。不安な少人数で進みました。

CIMG2939.png
途中、抜け出せるチャンスが何度かあったのですが、ちょっと低めでうまく乗り切れず。焦りから今度は低く突っ込みすぎてあわや地上人(というか台地人)になるところでした。あんなところに降りていたら、道にでるまで2〜3時間はかかったかと思われます。危なかったぁ。サーマルを分け与えてくださいましたブラジルの神様に感謝です。

CIMG2945.png
瀕死から復活した最後20キロは、鳥天国サーマルがアチコチにあって楽々ゴール。あわや降りそうになった不安からファイナルグライド前はつい上げすぎてしまいましたが、私よりさらに200mは上げちぎっていたグライダーもいました。彼(彼女?)もきっと苦労したんだろーなーなーんて勝手に思っちゃいました。

CIMG2947.png
ゴールビール!テントにビールサーバーを準備して毎日ゴールでお店を開いています。1杯10レアル(300円)と少しお高めですが、冷え冷えで濃い味のオリジナルビールでとーっても美味しいです。大分、遅れてのゴールでしたが、やっぱゴールはいいですねえ。至福のひと時を味わいました。

下降しちゃった成績はこちらから!

あと1日!明日は上げに転じて終了出来るよう頑張りまっす!!


2018ワールドカップブラジル 5日目

20180419-2.png
今日も昨日と同じようなお天気。所々雨の可能性はあるとのことですが、バッチリレースができる予報です。北東に少し行ってその後南西にバビューンって感じの71キロタスクが組まれました。

20180419-3.png
テイクオフで今日の作戦は?と聞かれたので「耐える事、出し抜かない事(アタックしないこと)」と答えました。今日も悪い癖が出ないよーに自分を制しながら飛ばなくてはです。こちらはスタート直後。昨日と同じようなどんよりな雰囲気なので、みなで牽制しあってスタート時間になっても中々前に進みません。ちょっとしたリフトで上げ直したり。

20180419-4.png
ところが段々晴れ間が広がって来て、前を行くグライダーがガッツーンと上げ始めましたら一斉にスイッチオン!今日は昨日と違ってアクセル踏み踏みの展開となりました。如何せん雲底高度が低いので上げる回数が多くてスピードは遅めですが、サーマル間はほぼ全開で踏んでいないと置いて行かれてしまうスピードでした。

20180419-5.png
トップグループの後ろに伸びた尾の先っちょあたりでしたが、無事ゴール。フミフミレースだと少し低くても突っ込まなきゃいけないシーンが出てくるので、守りの飛びだとこの程度ぐらいにしかなれませんが、今回はこれくらいで良し!の方針で行きます!

ディスカード前の好成績はこちらから!

4タスクできると一番悪い成績が1個消せるので、総合の好成績は今日までかも。
あと2日。戒めを守りながら全ゴール目指してがんばります!!

2018ワールドカップブラジル 4日目

ようやくレースができるコンデイションになりました。今日は70キロのタスク。タスクが発表された時間帯は爽やかに晴れ渡り風もいい感じ。サーマルアクティビティは1.5m/s〜2.5m/sと弱めながらも全員ゴールのサービスタスクになるだろう、なーんて言われておりました。

20180418-1.png
さてレース開始。今日は読みが当たって、かなりいいポジションからスタート!でもサーマルトップは1000mと低く、行く先は何やら暗ーい感じ。なんとなーく嫌な予感がしてゆっくり目に進んでいたのですが、周りも同じように感じている様子でスピードはあがらずダラダラと岩壁地帯に突入となりました。如何にも上がりそうな垂直の壁ですが、何故か上がりなし。対地は500m以下。またしても生き残りゲームが始まってしまいました。

20180418-2.png
弱いリフトにしがみついて耐えました。賢い人たちは、こうなる前に手前で上げて高い所を進んで行ってます。なにやら世界戦の時に似てる〜またやってしまったかも〜と反省しながら耐え忍んでいましたら、今回は運があるようで、なんとか復活し雨の襲撃からも逃げおおせて、先を行く集団が見える位置まで戻る事ができました。

20180418-3.png
あまりにも遅くなったのではっきりは分かりませんでしたが、川を渡ったむこうで先頭ぽいグループが日陰の台地でのたうっています。川の手前は上がりはイマイチながらなんとかステイしている模様、なのでそちらに合流してゆっくりブレークするのを待ちました。焦って突っ込まないが命題ですから。

20180418-4.png
これが大正解で、やがて晴れ間が来てゆっくりながら無事ゴールできました!遅れたのがラッキーでした!早くに川を渡った先頭グループは玉砕だったようです。でも最後のスピードセクションでまたまた凡ミスしちゃいました。せっかくの好調をこんなミスで崩さないよう気をつけなくてはです!

ラッキーポイント的な成績はこちらから!

あと3日、毎日ゴール目指して頑張りまーす!

2018ワールドカップブラジル 3日目

今日も朝からどんより雲、8時出発なのですが集まりがとっても悪いです。そして来ている人は誰も一番バスに乗りたがりません。何しろ昨晩、たっぷり雨が降ったので、道がぬかるんでいる事、確実ですから。

20180417-1.png 20180417-2.png
でもバスにクラクションを鳴らされて煽られたので、しょうがなくスクールバスに乗りました。きっと途中で降ろされて、4駆車がピストンするんだろーなーなんて思いながら揺られていたのですが、グイグイ進んで行きます。そして昨日のスタック現場に差し掛かってもアクセル緩めません。にゅるにゅるしながらも辛うじてクリア!その後も難所を次々クリアし、テイクオフまで上がって来れちゃったのでした!到着した車内では、スクールバスと運転手さんに拍手喝采でした。

20180417-3.png
さて肝心のコンディションですが、いただけません。一応65キロのタスクが発表されたのですが、テイクオフはやがて雨ゾーンに覆われ暫しウェイティングです。その後、少し晴れ間も覗きましたが、タスクが出来るコンディションにはならないだろうということでキャンセルとなりました。残念。

20180417-4.png
ここのテイクオフのいい所は、テントが充実していることです。晴れて日光がジリジリの日は日陰となって休めるし、こうして雨が降った日は避難出来るのです。グライダー運搬用のトラックの荷台がすっぽり入っちゃう大きさ、素晴らしいです!

明日こそはいい天気になりますよーに!

次のページ>

プロフィール

平木啓子

Author:平木啓子
☆スカイ朝霧パラグライダー
 スクール インストラクター
☆パラグライダー選手として
 世界各地の大会で奮戦中
☆2009年、2013年 
 ワールドカップ
 女子世界チャンピオン
☆北海道出身
☆静岡県在住

最新トラックバック

フリーエリア

http://blog-imgs-64.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140915221815818.jpg

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Berghaus JAPAN

http://blog-imgs-43.fc2.com/a/s/a/asagirianiki/20140928172152bfd.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。